省エネ社会を築くために必要なニ、三の事柄

省エネにすることで 費用を抑えることが出来る

カギは空調にあり

コスト低減につながる工場体制について

様々な製品を生産する工場にとって、エネルギーを使うことは必須になります。
このエネルギーですが、無限に使うとコストもかかりますので、工夫をして省エネで工場を運営していくことが大切です。
原子力発電の問題もあり、夏場等は電力の使用の集中する時間帯等では電気代も上がります。
従って工場長をはじめとする工場の幹部は、出勤日を変更して休日を振替えるなどの対策を講じることが省エネ対策として必要になります。
工夫して工場を運営していないと、自分の地域の電力使用に制限がかかった際、一時的に工場の操業がストップする事態のなり、製品の製造ラインに影響を及ぼしてしまうこともあるのです。
そうなると約束の納期に間に合わないという事態にもなりかねません。

取引先も意識を持っておくことが大事

省エネ対策については、商品の生産依頼をする商社等も意識を持っておかなくてはなりません。
商品の販売戦略を考える際も、ぎりぎり間に合うような設定で商品の生産をお願いするのではなく、多少余裕を持たせた納期で発注することがコツなのです。
生産が始まってからの段階で電力使用量の関係で生産量が当初の予定量ほど出来あがっていないという事態になることもあることを想定しておかねばなりません。
また、発注する側も工場が行っている省エネ対策を知っておくと良いでしょう。
コミュニケーションを取り、工場が休日を振替えて平日を休んで日曜を出勤日にしたような場合は、事情を理解しておくことが大切です。
いい商品作りは工場と発注した側がいい関係にあることも必要なのです。